忘れ難いひと

もう 23年も前のこと

私には

息子ッちのほかに

もうひとり息子がいて

彼の名前はひろし

ひろちゃんが幼稚園に入園した4月の終わり

脳腫瘍があることがわかり

すぐに入院

8時間の手術により ほとんどの腫瘍は取れたものの

再発の恐れがあり

手術後は

首のすわらない赤ちゃんのようになり

放射線治療により

頭はつるつる

それでも

ひろちゃんは

一生懸命頑張って生きてました



その時の主治医の先生は

まだお若く


でも 一目見た時から

信頼できる方と実感して


先生にひろちゃんを託しました


そんな先生から


思いがけないことが


いよいよ個室に移って


本格的な治療が始まるという時

先生に


本当に本当にひろしをよろしくお願いします




頭を深く下げ


その頭を上げて 先生を見たら

優しく微笑んで

何秒だったんだろう


ずっと見つめつづけてくれたのです

言葉ないまま

ずっと

何秒?10秒より もっと長かった気がする


きっと先生は


お母さん 一緒に頑張りましょう

そう言ってくれていたのだと思います

だけど




その時

恋に落ちてしまったのです

信じてもらえないかもだけど

その時の私は

先生でなければ

ひろしの病気と闘えなかったと思うし

ひろしのために頑張れなかった

先生とだから頑張れた


先生がいてくれたから

ひろしの死も

受け入れることができた


もう23年前のこと


先生は

ひろしの生きてる間

ひろしの側にいてくれて

ひろしがいなくなった数ヶ月後

松江を去り


今は

先生の地元で

クリニックを開業なさっています


きっと

私とひろしのことも


忘れてないよね

先生は

ひろしのこと

ひろくん って呼んでてくれた

毎日

いちばん最後に病室に来てくれて

長いこと いろんなお話してくれた

ひろしと3人でデートしてるみたいな日々だった


忘れ難いひと


忘れ難い記憶


やっぱりそう


コーチは


とっても


先生と重なるんだ


だから好きになってしまった気がする


思い出すと切なくなる


亀ちゃん好きになってからは


ゆっくりと忘れていたんだけれど


また


思い出すようになってしまった


先生も


どうぞお元気でご活躍なさってくださること

ずっとずっと


お祈りしています


私の忘れ難いひと


先生と

ひろし



私も明日からまた

頑張るね



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM